水素水で高血圧を予防しよう

水素でつくる健康な体

水素水で高血圧を予防しよう

水素水で高血圧を予防しよう 高血圧は血圧が正常の範囲を超えて、高い数値を維持している状態をさします。
深刻な問題として注目されている生活習慣病の一つで、自覚症状がみられませんが脳卒中や心疾患を発症する可能性があります。
高血圧の原因は塩分や油分の過剰摂取、喫煙、暴飲暴食、生活習慣の乱れなどがあげられ、これらが血中に活性酸素を発生させる原因となります。
活性酸素が不飽和脂肪酸と結合し過酸化脂質となり、血管の内部に付着していくのです。この予防のためには血中の過酸化水素や過酸化脂質をためないことや、除去することが大切になります。水素水は高い抗酸化作用を持ち、血中にスムーズに吸収されていきます。
そのため血中で効率よく活性酸素や過酸化脂質を除去していきます。
水素水は活性酸素などの生成も防ぐ効果があるので、高血圧の予防にも高い効果を発揮するのです。
水素水の1日の摂取量の目安は1リットルから2リットルです。
たくさん飲めばいいというものではなく、適量を毎日飲み続けることが重要です。
この量を飲むことが難しいという人は、みそ汁やスープに水素水を使ったりと、工夫して摂取するとよいでしょう。

サプリメントで気軽に水素水を摂取しよう

美容や健康によいと話題の水素水の効果はご存知でしょうか。水素水は、活性酸素を除去する働きがあります。
活性酸素は、体をさびつかせてしまい、老化の原因になってしまうものです。
特に悪玉活性酸素には、体の細胞やDNAを傷付けてしまい、多くの病気の原因にもなってしまうという恐ろしい働きがあるのです。
水素水は、この体に悪影響を与える悪玉活性酸素のみに反応をして、結合し、水に変換することによって体外に排出させる働きを担っているのです。また、活性酸素によって血管の中に脂肪が溜まり、血流が悪くなってしまうのを防ぐので、新陳代謝をよくする働きも担い、それによってダイエット効果もあります。
水素水を取り入れる場合、水素が入っている水を飲む人が多いかもしれませんが、サプリメントで補うこともできます。
サプリメントの場合、摂取することによって体内に水素ガスを発生させます。サプリメントでしたら、持ち運びやすいですから、いつでもどこでも気軽に摂取しやすいというメリットがあるでしょう。

『水素水 血圧』 最新ツイート