妊娠中の飲用と目安量

水素でつくる健康な体

水素水は妊娠中に飲んでも大丈夫?

奇跡の水とも称され、いま大流行している水素水。体に良いのは分かっていても、妊娠中に摂取して良い成分なのか気になりますよね。
結論を先に述べると妊娠中に摂取することに問題はありません。水素水は1995年に厚生労働省から食品添加物の認可を受けています。食品添加物の審査は大変厳しいもので、一度認可を受けた後も安全性の審査は継続して行われています。その上で人体に有害ではないとされているのです。
また水素水は体内で悪玉活性酸素と結合し、活性酸素を中和させた後は水になり体内から排出されます。 妊娠中の飲用 こうした理由から妊娠中に摂取しても大丈夫と言えるでしょう。
逆に妊娠中に摂取したことで症状が改善されたという例も見られるようです。特に多いのがつわりが軽くなったというもの。原因は不明ですが、デトックス効果も高いのでむくみにも効くようです。
赤ちゃんの栄養の為にダイエットをしてはいけませんが、体重管理はしなくてはなりません。代謝を上げデトックス効果もある水素水は、むしろ妊婦さん向けの飲み物として有益です。

体調によって変わる水素水を飲む目安量

水素水は健康や美容に良い効果があるので、飲み始めた人は飲めば飲むほど効果があると考えてしまい、一日に何杯も飲んでしまいがちです。しかし、水素水は飲めば飲むほど、良い効果が出るわけではありません。
人間が一日に必要とする目安以上の水分を摂ってしまうと、逆効果になります。水素水は適切な量を飲むことが、健康や美容に良い効果を得るためには重要です。一日の目安となる摂取量は、1リットルです。食前や食後、運動後やお風呂上がりなど、適切なタイミングに摂取していれば、健康や美容に良い効果を十分得られます。
ただし、病気をしているときや最近疲れやすいと感じるときは、1日の目安量を1.5リットルから2リットルに増やしてください。体調に不安があるときは体内の活性酸素が増えているので、水素水をいつもより多めに飲むことで、除去することができます。
賢い飲み方は、1日1リットルの目安を守りつつ、体調に合わせて飲むことが大切です。

『水素水 妊娠』 最新ツイート